スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

千秋楽*2 

 淫2、もとい院2の星川です。劇団PaPの甲殻類担当から回ってきたキラーパスにもめげず、書きます。

 タイトル通り本日は千秋楽でした。昨日のお客さんの入りを見て、実は少しハラハラしていたのですが、本日はなんと追加の椅子を出すほどの盛況ぶり。ありがたいことです。
 のべ動員数がわからないですが、100人は超えていないとしても、80人位は来たのかな? 公演二回で動員110人が自己ベストなので、その記録を超えていきたいなぁ、だなんて。そしたらお金もがっぽがっぽ。
 「がっぽり」って擬音語なんだろうか? あとで調べておこう。

 良いことを書くべきか、どうでもいいことを書くべきか迷ったので、両方にしよう。

1.良いこと
 お芝居をやっていて思うのは、裏と表の密接な関係。それは他のパフォーミングにはない関係性だと今回ひしひしと感じました。「ひしひし」って擬音語? 擬音語っぽくはないけど、擬態語でもなさそうだしなぁ。うーむ。
 吹奏楽や舞踏と比べて、演劇をやっている人間は「裏」にかかわる時間、密度、回数が圧倒的に多いと思う。そして多分、事実だと信じている。優劣の問題ではなく事実として。特長ではなく、特徴として。
 敷衍すれば「遠くの誰かを考える」ことに繋がるそれは、綿密なコミュニケーションに裏打ちされている。勿論どんなパフォーミングにおいてもそうで、例えば新体操で誰かに自分の体を預けるだなんてその最たるものだとも思うけれど、非接触性・行為の分類的な距離という二点で演劇は他の追随を許さないんじゃないだろうか。
 誰かが「(本来的には個人のものではないとすれ)俺/私の舞台は成功する」と信じているのは、「俺/私が成功させる」という部分と、「彼/彼女なら失敗しない」という部分に成り立っていて、特に後者は素晴らしいことだと思う。そしてその実、きっと社会もそういう風なんだろうなぁ。
 演劇がアングラな領域から脱した理由は、実は単なる演劇人たちの努力のみにあらず、こうした後期近代というモダニズムに後押しされたという可能性が微レ存……?

2.どうでもいいこと
 どうやら俺は文化祭を楽しめない男なようです。「祭」というものを楽しめないのではなく。つまり俺は文化的ではないのかもしれない。お芝居やってるのに。だめじゃん。
 今年はずっと部室にいました。屋台の方に行っていない……これがディスコミュニケーションというやつだろうか。でも「ディスコミュニケーション」と言う言葉自体は植芝理一が漫画のタイトルにつけた造語であって、実際の言葉としては存在しないって聞いたことがある。どうなんだろう。「と言う言葉」という文字列に「言」が重複していて嫌だなぁ。
 そう、重複。みなさんなんて読みます? 「ちょうふく」か「じゅうふく」か。正しい読み方は前者だそうですが。普段は気にしないで読んでるけれど、一度気にしだすと意外と気になるものかもしれない。
 嘗てネットで拾った、この話に対するすとんと落ちる解釈は以下の通り。「『重』には『かさなる』『おもい』の意味があるけれど、前者で使う際は『チョウ』、後者で使う際は『ヂュウ』なんじゃないの」と。俺はこれに納得したんですが。日本語系の課程にいる部員に教えてほしいなぁ。なんて。

 本日を持ちまして文化祭は終了、つきまして文化祭公演も終了。リレーも……?
 マジあの甲殻類今度茹でる。

 次回の劇団PaPは演フェス! その前にコンプレックスシアターで誰かが客演になるのかな?
 またの公演をお楽しみに。
スポンサーサイト

[2013/06/23 19:45] 未分類 | TB(0) | CM(2)

昨日今日と、どちらも午前中。
楽しく見いってしまうほど
とてもいい時間が過ごせました。

笑いの中にもついつい一緒になって
考えてしまう場面も。

本当にお疲れさまです。
[2013/06/23 19:57] あめや。 [ 編集 ]

Toあめや。さん

コメント返信です!


わざわざ足を運んでくださって…
本当にありがとうございました(^○^)

そして素敵なコメントもありがとうございます!!(/_;)嬉

今後も応援、よろしくお願いします!!



PaP2年目:通称はすこ

[2013/06/25 22:20] はすこ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://gekidanpap.blog.fc2.com/tb.php/37-dd145490


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。